【サラリーマンしたたか遊泳術】面の皮を厚くしてインフラ形成/吉田 典史

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 上司などとの良好な関係を、この連載では「インフラ」と呼んできた。インフラが強くないと、会社員は仕事をしていくうえで高い実績を残すことは不可能に近い。

 インフラは、心のあり方をよく表している。上司との摩擦が続くと、不満が溜まる。それに伴い、インフラは弱くなる。心が穏やかで満たされた人は得てして、インフラを早いうちにつくり、リズム良く強くしていく。

 不快なことを感じたら、可能な限り、早く消し去ることだ。そして、気分が良くなるようにしたい。これは経験論でいえば、面の皮が厚くないと、なかなかできない。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月6日第2987号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ