【サラリーマンしたたか遊泳術】通用しなくなった”一匹狼社員”/吉田 典史

2014.03.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 プレイング・マネージャー制が今のペースで浸透すると、様ざまな問題がみられるようになるだろう。すでに兆候がある。その1つが、上司と部下との「誤解」ではないだろうか。

 上司がプレイヤーである限り、部下の仕事を丁寧に観察する時間が少なくなる。部下としては、相談や報告する機会が減っていく。双方に、意思疎通をするうえでのギャップが生じることは避けられない。それを防ぐための事例を紹介しよう。

 数週間前、雑誌の編集長(部長)と話す機会があった。公称10万部の、会社員向けの総合雑誌である。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年3月24日第2962号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ