【サラリーマンしたたか遊泳術】ごう慢な経営者には罰が当たる/吉田 典史

2015.11.09 【労働新聞】

 数週間前、六十歳前後の男性をネット上で知った。いつの間にか、「愛玩動物救命士」になっていた。首都圏の自治体が主催する催しもので、講師をしている。プロフィールが載っていた。「テレビ番組のプロデューサーをした後、2011年の東北の震災を機に被災地でボランティア活動を行う。現在は、〇〇協会の講師を務める」…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年11月9日第3040号7面

あわせて読みたい

ページトップ