【サラリーマンしたたか遊泳術】「沈まぬ太陽」から学ぶべき教訓/吉田 典史

2015.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 作家・山崎豊子の「沈まぬ太陽」(新潮社)のシリーズ5冊を読み終えた。これで、4回目となる。1990年代半ばから後半、「週刊新潮」で連載がされていた。その後、単行本として発売された。5冊まとめ買いをして読んだ。映画が劇場公開されたときも、足を運んだ。今回は、キンドルで読んだ。山崎さんは、ゴースト・ライターを使う、「自称・ビジネス書作家」とは別世界の人である。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月2日第3039号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ