【サラリーマンしたたか遊泳術】無責任な非正規のディレクター/吉田 典史

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 7月下旬、テレビ局のバラエティー番組に出演した。6月に、「ゴースト・ライターについて、スタジオで芸能人を相手に話をしてほしい」と、三十代前半の女性ディレクターから依頼され、承諾した。

 「ゴースト・ライター」とは、ライターが経営者、コンサルタント、法律家、政治家、医師、学者、芸能人などから「取材」と称して10時間ほどにわたり、話を聞き、それを1冊の本にまとめる人のことである。

 私は総理大臣経験者から、名もなきコンサルタントに至るまで、60人ぐらいの本を書いた。表向きは、その60人が「著者」となる。実際に書くのは私である。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月22日第2986号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ