【サラリーマンしたたか遊泳術】期待はしない見返りを求めない/吉田 典史

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨日まで、年賀状を書いていた。500枚くらいになる。毎年7月には、暑中見舞いも送る。その多くは、記者になったこの二十数年の間に取材で知り合った人たちだ。経営者や役員、社員、労働組合の役員、弁護士や税理士、議員の秘書、作家などである。亡くなった人の遺族にも送る。

 500枚のうち、年賀はがきとして返ってくるのは90枚ほどだ。二十代の頃、はがきが返ってこないと、密かに怒った。「あの人は日ごろ、恰好いいことを言っていた。いざとなると、無礼なことをしやがる」。翌年からは送らなかった。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月15日第2997号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ