【サラリーマンしたたか遊泳術】上司の心にある「醜悪」を見抜け/吉田 典史

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 この時期、他の部署などへ人事異動となる人がいる。その中には、人事評価が低いために、上司から排除されたケースもあるだろう。

 社員数が数百人以上の会社ならば、上司(この場合は、課長や部長)が部下を他部署へ追い出すとき、本部長や役員、人事部に何らかの報告をすることが求められる場合がある。その際のポイントは、自分の管理能力を問われないようにすることだ。つまり、部下の側に非がある、という方向に話を持っていく。

 例えば、このような内容の報告になるのではないだろうか。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月12日第2968号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ