【サラリーマンしたたか遊泳術】ネットから上司の心理を見抜け/吉田 典史

2014.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 インターネットでは、フェイスブックなどに人気がある。これらをみていると、異様なものが視界に入ることがある。

 例えば、「市民派」「リベラル派」「良識派」として論壇で活躍する、ベテランの研究者がいる。この人のフェイスブックでの書き込みだ。

 政権与党のあらゆる法案や政策、施策に因縁をつける。お気に入りのはずの社会民主党や日本共産党には言及しない。批判は、「2ちゃんねる」の書き込みと変わらない。内容や表現の仕方からは、インターネットに不慣れであることが分かる。

 労働問題を冷静に、深くとらえる、あの姿はここにはない。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月22日第2998号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ