【サラリーマンしたたか遊泳術】レベルの低い人と向かい合うな/吉田 典史

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「くだらない議論だと思ったら、すぐに止めることだ。勝った者は何も得ず、負けた者は悔しいだけ」。

 7月、カレーライスのチェーン店を取材した。オーナーが社員らに教えていることだ。オーナーは、四十代半ばの男性。十数年前、スポーツ用品店を辞めて、1人で創業した。現在は新宿を拠点に渋谷、池袋に5店舗ほどの店を持つ。

 この言葉は、意味の深いものに思えた。会社員の頃、33歳から38歳までの間に仕えた上司とは数えきれないほどに議論をした。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ