【サラリーマンしたたか遊泳術】いつも死を意識して仕事に挑め/吉田 典史

2015.01.12 【労働新聞】

 死を意識し、生きていく。筆者が小学3年の冬から心がけていることである。

 この年(1977年)の1月15日、父親が発作を起こし、意識不明となった。全身をけいれんさせる、激しいものだった。たしか、45歳だった。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年1月12日第3000号7面

あわせて読みたい

ページトップ