【サラリーマンしたたか遊泳術】採り入れたい大企業の”冷酷さ”/吉田 典史

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中小企業やベンチャー企業を退職した社員を時折、取材する。「辞めるという意思を伝えたとき、人事や上司から何をいわれたか?」と尋ねると、7割の人がこう答える。

 「世の中、君が思うほど甘くはない。人生、そんなに甘くはない…」。

 新しい人生を生きていこうとするのに、こんな不遜な言葉を部下に発しているとはあきれ返る。会社という、ビニールハウスのような温室の中で生きていながら…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月7日第3043号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ