【サラリーマンしたたか遊泳術】生意気な”口だけ編集長”の実態/吉田 典史

2015.07.27 【労働新聞】

 数日前、大手出版社の編集長と副編集長のコンビと打ち合わせをした。部長と部長代理(課長)という職位で、四十代後半。ともに最難関といわれる国立大学を卒業し、新卒として入り、社歴は二十数年。

 話題として盛り上がったのが、「なぜ、中小企業の人は生意気なのか」だった。出版業界は30社ほどの大手の下に、数千の中小零細出版社がひしめく。大手にいる彼らからすると…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年7月27日第3026号7面

あわせて読みたい

ページトップ