【サラリーマンしたたか遊泳術】苦痛を感じたら逃げた方が良い/吉田 典史

2015.01.19 【労働新聞】

 「苦しくなって耐えられないならば、逃げたほうが良い」。筆者は、こう言いたい。

 たしかに1つの理想像としては、苦しくとも耐え抜き、結果を出すことなのだと思う。だが、これは空想でしかないときがある。

 例えば、会社を数年間で辞めることを繰り返す人に

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年1月19日第3001号7面

あわせて読みたい

ページトップ