【サラリーマンしたたか遊泳術】劣等感強く現実を見ない管理職/吉田 典史

2015.06.22 【労働新聞】

 劣等感を持つと、見えるものが見えなくなる。筆者の周りには、そのような会社員が増えている。たとえば、昇格が遅れ、課長になれない人がいる。彼は、こういう。「自分は△△大しか卒業していないから、上がれない。うちの会社は〇〇大出身しか、部長級以上になれない」。

 残念ながら、その出版社の役員に〇〇大出身はいない。そこに矛盾がある。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年6月22日第3022号7面

あわせて読みたい

ページトップ