【サラリーマンしたたか遊泳術】極端に攻撃的な人とは”絶縁”を/吉田 典史

2015.12.14 【労働新聞】

 「あのときは、怖かった。どうしたら、許してくれるのだろう…と思った」――。2年ほど前、四十歳前後の社会保険労務士が話した。経済雑誌の取材の場だった。30社ほどの中小企業などから、給与計算の仕事を毎月請け負っているという。

 ある小さな会社の給与計算を間違ったときのこと。総務部長から呼び出しを受け、厳しくとがめられた。土下座を強要する口調だったようだ…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月14日第3044号7面

あわせて読みたい

ページトップ