【サラリーマンしたたか遊泳術】有能な部下に恐怖心を抱く上司/吉田 典史

2014.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 6年前、五十代前半の著名な人事コンサルタントが取材で答えた。

 「この30年間、観察してきて分かったのは、部下へのパワハラは、恐怖心によるものが多い。成長著しい有能な部下に脅かされた、恐怖心ともいえる。誰もが三十代後半以降になると、能力や習慣、仕事に取り組む姿勢などを変えられない。つまりは、自身の成長の行き詰まりを感じる恐怖心なのだろう」。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月8日第2996号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ