【サラリーマンしたたか遊泳術】経営側に甘い企業内労組の実態/吉田 典史

2015.05.25 【労働新聞】

 2月上旬、東北の被災地で、震災で家族を亡くした遺族たちを取材した。2011年3月の震災発生以降、取材を通して知り会い、その後、何度も連絡をとるようになった。その1人である五十代半ばの男性が話していた。

 「あの金融機関の企業内労組の役員には会ってもらえない。あれで、労働組合といえるのか…」。

 男性の妻は、…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年5月25日第3018号7面

あわせて読みたい

ページトップ