【経営・人事担当向け 中小の企業統治論】第9回 心療内科医からの提言 インターバル制導入を 労働者の健康確保徹底へ/山岡 昌之

2017.03.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ストレス検査が義務化

 「労働安全衛生法」の一部改正により、平成27年12月1日よりストレスチェック制度がスタートした。働く人々が、自ら心理的負担の程度を客観的に把握できるように、定期的にストレスチェックを行うことが、労働者50人以上の事業場の事業主に義務付けられた。なお、50人未満の事業場は当分の間、努力義務となっている。このような、労働者のメンタル不調を防ぐための制度は、世界初の試みとされる。…

筆者:日本摂食障害治療研究所 所長 山岡 昌之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月13日第3104号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ