【経営・人事担当向け 中小の企業統治論】第8回 求められる倫理観 公益に役立つ意識を 雇用維持の姿勢も重/髙井 伸夫

2017.03.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

経営者の権限強い中小

 現在、日本で報道および議論されている企業の不祥事と企業統治論は、そのおおよそが大手企業の問題である。日本よりもはるかに企業統治論が先行している欧米においても、中小企業を対象とした研究や議論はほぼなされていない。企業の99.7%が中小企業である日本において、このような企業統治論はほとんど価値がないといって良いだろう。中小企業における企業統治を論じずして、日本の企業統治を論じることはできない。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 髙井 伸夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月6日第3103号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ