【経営・人事担当向け 中小の企業統治論】第5回 最高経営責任者の指名 委員会設置が効果的 十分な時間割き対応を/佃 秀昭

2017.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

選任基準の整備進まず

 今回は、「最高経営責任者の指名と後継者計画」を取り上げたい。

 前回に続き、筆者が在日代表を務めるエゴンゼンダー社(企業統治の強化や経営幹部の評価・育成を支援する世界的なコンサルティング会社、本社スイス)が東証一部上場企業を対象に実施した「企業統治実態調査2016」の調査結果を踏まえながら、日本企業の現状と課題を論じる。

 2015年6月に導入された日本版コーポレートガバナンス・コードは、…

筆者:エゴンゼンダー㈱ 代表取締役社長 佃 秀昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月13日第3100号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ