【経営・人事担当向け 中小の企業統治論】第1回 総論 多様性が議論を阻害 国際的な比較も難しい/ブルース・アロンソン

2017.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

法制度は大企業が対象

 中小企業とコーポレート・ガバナンス(企業統治)の関係は、より注目すべき重要な課題である。

 世界中で、中小企業の経済的な重要性はよく知られている。中小企業(英語…small andmedium enterprises=SMEs)は企業総数の圧倒的な部分を占めている。さらに重要なこととして、日米を含め先進国において、中小企業が経済や雇用の大部分を形成していることが挙げられる。日米では、中小企業の設立、ファイナンス、人材、マーケティング、輸出などの面で、政府の支援が得られる。

 また、コーポレート・ガバナンスが、経済成長の一つの要因であるような議論が注目され、アベノミクスの大黒柱である日本政府の成長政策の中でも、コーポレート・ガバナンス改革が強調されている。しかしながらその一方で、中小企業において、コーポレート・ガバナンスについての議論は、一般的にほとんどみられない。…

著者:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授 ブルース・アロンソン

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月16日第3096号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ