【賃金事例】飯田信用金庫/管理職ポストへ抜擢可能に 中級職までダブルラダー

2019.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「範囲給+洗替給」で処遇

 飯田信用金庫(長野県飯田市、小池貞志理事長)は今年6月、一般職員の上位層にダブルラダー型の制度を適用した。人基準の「貢献資格」と仕事基準の「役割等級」という2つの格付けに分離する仕組みにより、管理職レベルの役職への抜擢登用も可能にしている。まずは上位の役職を任せ、一定の成果を収めた場合に管理職層へ昇格させるルールを確立した。処遇面では、範囲給と洗替給を組み合わせる基本給体系によって、役割の大きさとその達成度の評価に応じてメリハリを利かせる。他の一般職員に対しては従来の複線型を廃止し、計4階層の能力等級へと一本化している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年9月9日第3224号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ