テレビ番組制作 AD派遣会社を指導へ キー局の協力得て 三田労基署

2013.06.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

過労による労災相次ぐ

 東京・三田労働基準監督署(中山篤署長)は今年度、民放キー局に番組制作スタッフを派遣している派遣会社に集団指導を行う方針である。テレビ番組制作会社に対する監督強化の一環で、過重労働対策や安全衛生管理体制の改善を求める。ディレクターやAD(アシスタント・ディレクター)など直接番組制作に携わる労働者の長時間労働が健康確保の観点から問題視されるなか、テレビ局側でも下請などを含めた番組制作チーム全体の労務管理への関心が高まってきた。今回は労基署の依頼に基づき、テレビ局側が傘下派遣会社に関する情報提供に応じている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月10日第2924号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ