テレビ番組制作 過労で労災請求相次ぐ 三田労基署

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

局や下請に集団指導 労働時間管理徹底を指示

 東京・三田労働基準監督署(多田信克署長)は、このほどテレビ局・番組制作会社に対する集団指導を実施した=写真。近年、過重労働関係の労災請求が相次ぎ、慢性的な長時間労働が問題となっているためだ。平成22~23年の監督指導結果で労働時間管理、裁量労働制の運用、管理監督者の3点にとくに問題が多かったとして、労働時間の適正把握を中心に改善を指示している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月21日第2905号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ