就業規則比べ相違点整理を 三田労基署

2019.02.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・三田労働基準監督署(野村みどり署長)は、働き方改革関連法に関する説明会を開催した。

 冒頭、野村署長は、「過労死や精神疾患などを減らすという法改正の趣旨を理解し、労基署や行政の専門機関を活用して対応を進めて欲しい」と挨拶した。

 東京働き方改革推進支援センターの高橋健特定社会保険労務士(写真)が、同一労働同一賃金について解説。正規と非正規の不合理な待遇差をなくす範囲が、同一事業所ではなく、同一企業内という点を見逃してはならないと指摘した。「まずは正規・非正規の就業規則を対比し、相違点を整理したうえで、待遇差について、司法の判断にも留意しつつ、理由付けするか、改正するか判断すると良い」としている。

平成31年2月4日第3195号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ