【賃金事例】エヌエヌ生命/管理職層200ポストにJD用意 全社的に仕事基準へ

2021.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

昇給率は上司が個別決定

 エヌエヌ生命保険㈱(東京都渋谷区、フランク・エイシンク代表取締役社長)は、管理職層に位置付ける約200のポストについてジョブディスクリプション(JD)を作成し、ジョブカタログとして社内に公開して個々のポストへの挑戦を全社員に認めている。昨年、仕事基準の等級体系へ移行したのに伴って大胆な人事異動を可能にしたもので、非管理職層では役割の違いを明確に説明するため、従来の合計7等級を今年から3等級へ大括り化した。月例給の改定などに反映する評価制度は、最終結果を「期待を充たす・期待を充たさない」の二者択一で判定するシンプルな手法とし、具体的な昇給率は上司が個別に決定する仕組みとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月1日第3327号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。