本社移転受け満足度87%に エヌエヌ生命

2021.06.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 中小企業向けの事業保険などを販売するエヌエヌ生命保険㈱(東京都渋谷区、フランク・エイシンク代表取締役社長)は、昨年5月に本社を現在の渋谷へ移転したことを受け、職場環境に対する従業員満足度が4年前の43%から87%まで改善したと明らかにした。生産性の面でもめだった効果がみられ、電話・メールによる作業中断の回数などから算出する生産性ロス時間は、1日平均67分から25分まで低減。在宅勤務時に限れば14分だったとしている。

 同社では本社移転に当たり、固定席廃止などのアクティビティ・ベースド・ワーキングの考え方を採用。営業においては対面・リモートを使い分ける一方、本社部門は原則、在宅勤務を継続しており、今年4月の平均実施率は77%だった。

令和3年6月14日第3308号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ