【短期集中連載】4月から中小企業も義務に! 改正安衛法のポイントを解説 長時間労働是正し健康確保へ―第1回 過労死リスクを下げるために―/森井 博子

2020.04.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 働き方改革関連法の施行からちょうど1年。今年4月1日からは、適用が猶予されていた300人以下の製造業などでも、時間外労働の上限規制がかかっている。残業や休日労働による長時間労働を解消することは、労働者の健康確保に直結する。改正安衛法のポイントと事業者が行うべき事項について、森井労働法務事務所の森井博子所長に解説していただいた。

過労死、過労自殺――命に関わる危険性が

 長時間労働が「過労死」の原因になることは、今では当然のこととされていますが、この考え方が行政で明らかにされたのは、平成13年12月12日付け基発1063号「脳心臓疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く)の認定基準」(以下、「認定基準」という)からだといってよいでしょう。…

執筆:森井労働法務事務所 所長 森井 博子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ