【短期集中連載】改正安衛法のポイントを解説 長時間労働是正し健康確保へ―最終回 建設業への監督指導―/森井 博子

2020.05.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労基署の監督指導がより厳しく

(1)「働き方改革実行計画」で示された取組み

 「働き方改革実行計画」(2017年3月28日)で、猶予期間については、「5年後の施行に向けて、発注者の理解と協力も得ながら、労働時間の段階的な短縮に向けた取組を強力に推進する」とされています。

(2)36指針による指示

 平成30年9月7日付け厚生労働省告示第323号「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針」(36条指針)で、限度時間が適用猶予されている事業・業務については、猶予期間において限度時間を勘案することに留意しなければならない(指針第9条、附則第3項)とされています。…

執筆:森井労働法務事務所 所長 森井 博子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年6月1日第2355号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ