【短期集中連載 ―新時代を迎えて―今後の「安全衛生管理方針」を考える 】最終回 「楽しい職場づくり」のために/多田 敏基

2018.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ヒューマンスキルを磨きコミュニケーションを

 今後の全社方針の目的は、一言で表現すればいかに「楽しい職場づくりを目指した、職場改善を推進」するかであると中災防東京安全衛生教育センター非常勤講師の多田敏基さんは指摘する。実効ある職場改善を進めるためには、設備投資目的、投資基準、優先度、改善評価基準などの仕組みについて再整備が欠かせないという。また、人とのコミュニケーションが苦手な傾向にある若い世代が管理・監督者になる時期を迎えていることから、ヒューマンスキル(対人技術)に係る教育を求めている。

5.社員の理解が重要

 今日の多様な安全健康問題の解決の基盤となる、全社方針の策定は、極めて重要であり、関係スタッフにとって、大きな課題となる。最後に、今後の全社方針の作成、推進にあたり検討が望まれる3つの課題についてふれ、読者皆様の参考に供したい。…

執筆:中央労働災害防止協会
東京安全衛生教育センター 非常勤講師 多田 敏基

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ