【産業カウンセリングの現場から】第147回 「どう生きていくか」を考える

2017.10.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

深刻な若い世代の自殺

 2017年度の厚生労働省「自殺対策白書」によると、若年者層(15歳~39歳)の各年代での死因は、自殺が不慮の事故や悪性新生物を上回って第1位となっています。国際的に見ても15~34歳の死因の第1位が自殺となっているのは、先進7カ国では日本のみで、わが国における若い世代の自殺は深刻な状況にあると考えられます。…

執筆:京都学園大学教育開発センター キャリア教育担当教員
京都産業保健総合支援センターメンタルヘルス対策促進員・産業保健相談員
(1級キャリアコンサルティング技能士・特定社会保険労務士・産業カウンセラー)
湯口 恭子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月15日第2292号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ