【短期集中連載】安全維持のためのダイバーシティマネジメント 第1回 人手不足社会を生き残る/川西 由美子

2019.02.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 出生率の低下により、現場では未曾有の人手不足となり、一人あたりへの負荷が増え、疲労による不安全行動、未経験者使用による重大事故などが目立ち始めている。その予防安全としておさえておくべきダイバーシティマネジメントというキーワードの意味と現場での活用方法を5回の連載で解説。女性や高齢者、外国人などさまざまな立場、価値観の違う人が協力し合い、問題に向き合える職場づくりをアドバイスする。

価値観の違う人同士が理解し合う

若手とベテランのジェネレーションギャップも課題

 人手不足を補うため、さまざまな施策が行われています。

 たとえば、

 1.若手や未経験者の教育強化
 2.女性、シニア、外国人の活用
 3.AI、IoTなどの利用

 これらに関わる人材の力量を上げていくために必要な考え方としてダイバーシティがあげられます。…

執筆:ランスタッド㈱ EAP総研 所長 川西 由美子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月1日第2325号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ