【努力義務化は目前!? 70歳までの就業機会確保】第8回 フリーランス契約 リストラ目的はご法度 自社の競争力強化めざせ/内田 賢

2019.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労使双方にメリット

 「骨太方針2019」が「70歳までの就業機会確保」実現のための方策として示した様ざまな選択肢には、「雇用関係」ではない働き方も数多く示されているのが特徴である。今回解説する「フリーランス契約」はその典型である。わが国の高年齢者雇用の指針となってきた高年齢者雇用安定法は、企業や企業グループでの雇用関係による就業機会確保を企業に求め、高齢者は雇用を通じて就業機会を獲得してきた。ところが「骨太方針2019」では「65歳から70歳までの就業機会確保については、多様な選択肢を法制度上整え」、企業には雇用によらない働き方の機会提供も求めている。

 フリーランスとは企業や組織に属さず、自分の実力で仕事を引き受け、その対価を受け取る人たちであり、…

筆者:東京学芸大学 教授 内田 賢

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年11月25日第3234号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ