【ぶれい考】新制度定着は上司が鍵/田中 雅子

2019.08.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京オリンピック・パラリンピック開催がいよいよ来年に迫った。開催期間中は、主要駅でかなりの混雑が予想されている。これに対応するため、2年ほど前より、政府と東京都がそれぞれ「テレワーク・デイズ」、「スムーズビズ」など、交通混雑緩和と新しい働き方の定着に向けた取組みを各企業に呼びかけている。

 当社は働き方改革の一環として、2015年度よりテレワーク制度(働く場所をオフィスに限定しない柔軟な働き方)を導入した。…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年8月12日第3220号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ