【ぶれい考】愚痴や不満の可視化を/倉橋 美佳

2019.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 時代が「平成」から「令和」に変わり数カ月が経過した。もちろん時代は継続しているのでどこかを区切りに変わるというものではないが、改めて、人の価値観の変化を感じることが多くある。

 最近、私が重要だと感じるのは、「ネガティブ」から「ポジティブ」への変換である。ネガティブな感情は悪いことだけではなく、日本の成長にも大きく貢献してきたように思う。「悔しい」「見返してやりたい」など、そういった底力のような馬力が日本を牽引してきた。

 日本はGDP世界2位の大国を経験し、3位に落ちてからしばらく経つ。今後さらにランキングが下がってしまう現実を受け入れなくてはならない。成長のカギになるのが、ネガティブではなくポジティブである。

 企業にとっての「ポジティブ」なあり方について考えたい。…

筆者:㈱ペンシル 代表取締役社長 倉橋 美佳

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年7月22日第3218号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ