【いただきまぁす】もっと、大豆にしてね/中山 美鈴

2012.11.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 日本食の2大調味料である味噌と醤油は、大豆がなくてはできません。かつて大豆は「畔豆」と呼ばれ、畔で栽培しました。稲刈りの今が収穫期。干して豆殻を取り、選り分けて味噌用、豆腐、納豆、きな粉用にしました。煮た大豆を絞れば豆乳、これににがりを加えれば豆腐、その豆腐からはおからやゆば、油揚げ、厚揚げができます。煮た大豆を発酵させれば納豆。生の大豆を炒って粉にすれば、きな粉。これほど様ざまに大豆を加工し、多食してきた民族は他にいません。

 大豆は「畑の肉」といわれるほど高たんぱくでありながら、低カロリーでノンコレステロール。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月5日第2895号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ