【拡大するフリーランス市場】第2回 アンケートからみえる課題 副業の経済規模は8兆 キャリアパスとして認知/湯田 健一郎

2018.07.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 第1回で日本における広義のフリーランスは、この4年で20%も拡大していることを述べたが、海外の状況はどうだろうか。

 Upwork社とFreelancers Unionが調査した「Freelancing in America 2017」によると、米国では、すでに労働力人口の36%に当たる5730万人がフリーランスとして仕事を受注しており、その経済規模は154兆円に上る。

 2027年にはフリーランス人口が5割を超えるという予測も出している。…

筆者:クラウドソーシング協会 事務局長 湯田 健一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年7月9日第3168号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ