【拡大するフリーランス市場】第1回 副業・兼業が増加 影響大きいITの進化 参入障壁は従来より低く/湯田 健一郎

2018.06.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 企業における仕事の進め方改善、働き手の価値観の変化など、働き方シフトは着実に進んでいる。社会環境の変化とともに働き方は多様になっており、フリーランスという働き方を選択する人も増加している。このようななか、企業がフリーランス人財を生かしていくためにはどのような工夫をしなければならないのだろうか。

 本連載は全12回で、日本におけるフリーランスの実態を把握し、活躍の広がりの一翼を担っているクラウドソーシング活用についても解説する。併せて、フリーランス活用の際の留意点として、業務依頼の仕方、進捗管理とコミュニケーション、著作権等知的財産権の取扱いや雇用類似となり得る業務依頼についても整理する。…

筆者:クラウドソーシング協会 事務局長 湯田 健一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月2日第3167号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ