【拡大するフリーランス市場】第9回 納品時の留意点 段階的な検収が有効に 取扱い異なる譲渡と許諾/湯田 健一郎

2018.08.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回はフリーランスへ業務を依頼した際の検収、納品、支払時に留意すべき事項について解説する。

発注漏れは追加の依頼が必要

 円滑な納品検収のためには、納品の形態と納品先、検収方法を確認しておくことが重要だ。下請法は報酬の支払期日について、注文者が成果物についての検査をするかどうかを問わず、注文者が成果物を受け取った日か役務の提供を受けた日から起算して60日以内と定めており、厚生労働省の「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」では、30日以内の支払いを推奨している。

 フリーランスへの発注は下請法が適用になるケースが多く、支払期日を役務提供日・初納品日から60日以内に設定しなければならない。手戻りが発生してしまうと支払期日がタイトになるため、確実に成果物が納品されるよう、納品の形態や納品先をはっきりさせておく必要がある。また、手戻りの発生に備え、…

筆者:クラウドソーシング協会 事務局長 湯田 健一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年9月3日第3175号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ