【拡大するフリーランス市場】第10回 活用事例 企業の経営戦略立案も 不足するプロ人材を確保/湯田 健一郎

2018.09.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 フリーランスの活用により、企業が得られる効果としては、主に「必要な技術・ノウハウや人材の補完」、「従業員の業務量・業務負担の軽減」、「売上高の増加」が挙げられる(経済産業省「働き方改革に関する企業の実態調査」)。

 平成30年7月には、経産省より「企業におけるフリーランス活用事例集」が公開された。企業の抱える課題、フリーランスを活用した背景、活用フローなどのポイントをまとめ、企業がフリーランス活用の円滑なステップが踏めるよう解説している。今回は多様な業界・企業規模でフリーランスの活用が広がっている具体例をみていこう。

人事機能立上げでフリー登用

 フリーランス活用が従前から進んでいるのは広告業界であろう。広告業界では、企業に勤務し経験を積んだのち独立する人も多く、プランナー、デザイナー、コピーライターなどクリエイティブ・デザインの分野での活用は想像に難くない。…

筆者:クラウドソーシング協会 事務局長 湯田 健一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月10日第3176号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ