【拡大するフリーランス市場】第7回 依頼時の留意点 業務の所要時間も明示 時間・場所的拘束はNG/湯田 健一郎

2018.08.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 フリーランス活用の成功の鍵は業務依頼にあるといえる。今回はフリーランスへ業務依頼する際に発注者が留意すべき事項について解説する。

6点明確にしトラブル防止を

 平成30年2月に厚生労働省より「自営型テレワークの適正な実施のためのガイドライン」が公表された。フリーランスなどの活躍の裾野が広がるなか、契約に係る紛争を未然に防止し、フリーランスを良好な就業形態とするため、契約条件の文書明示や契約条件の適正化について定めたものだ。ガイドラインには、契約の当事者となる発注者、受注者だけでなく、仲介事業者が留意すべき事項も記載されている。

 このガイドラインでは、トラブルを防止するため、業務の募集段階で以下の6点を明示するよう求めている。

 ① 注文する仕事の内容
 ② 成果物の納期予定日(役務提供予定日)…

筆者:クラウドソーシング協会 事務局長 湯田 健一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月20日第3173号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ