付加価値の適正循環で 国内事業基盤を強化/金属労協議長 相原 康伸

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 日本経済は、2014年末から15年前半にかけて回復の基調を辿って参りましたが、その後、景気は弱含みの状況にあります。ただし、中期的には、円高是正による国内投資の拡大、都心の再開発や2020年東京オリンピック・パラリンピック開催など、底堅く推移することが予想されています。一方、労働市場は人手不足の状況にあり、…

筆者:金属労協議長 相原 康伸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月4日第3047号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ