【平成28年厚労省方針 「新・三本の矢」実現に全力を尽くす】非正規の正社員転換を促進/派遣・有期労働対策部長 坂口 卓

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 次の課題に、着実かつ迅速に取り組んでまいります。

 1、改訂日本再興戦略においても、非正規雇用労働者の正社員転換や雇用管理改善の重要性が指摘され、その取組みを加速させていくことが盛り込まれたこと等を踏まえ、昨年9月に大臣を本部長として、「正社員転換・待遇改善実現本部」を設置し、本年1月には、今後5年間の非正規雇用対策に係る目標値や具体的施策を定めた「正社員転換・待遇改善実現プラン」を策定することとしております。また、昨年10月以降、全国47の都道府県労働局にも「本部」が設置されており、…

筆者:派遣・有期労働対策部長 坂口 卓

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月4日第3047号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ