【平成28年厚労省方針 「新・三本の矢」実現に全力を尽くす】IT活用による生産性革命/政策統括官(労働担当) 安藤 よし子

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨年9月に公表した労働経済白書は、わが国が今後、持続的な経済成長を実現していくために欠かせない取組みの一つとして「労働生産性の向上」に焦点を当てて分析を行いました。わが国の労働生産性の水準は欧米諸国と比較して低くなっています。

 特に米国と比較した場合、労働生産性の水準とIT投資ともに低い状況にあります。このことから、労働生産性の向上には、IT投資を積極的に行っていくことが必要ですが、人的資本投資と同時的に取り組まれることで、成長がより高まることが本白書で明らかになっており、両面の強化が重要です。

 また、人的資本投資をはじめとする「無形資産」に注目したところ、…

筆者:政策統括官(労働担当) 安藤 よし子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月4日第3047号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ