【平成28年厚労省方針 「新・三本の矢」実現に全力を尽くす】セルフキャリアドック導入/職業能力開発局長 宮川 晃

2016.01.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 本年においては、以下のような職業能力開発施策の積極的な展開を図ってまいります。

 まず、地域、産業等のニーズに応じた多様な訓練機会を提供するため、昨年10月に都道府県労働局が国の職業能力開発行政の拠点として位置付けられたことを踏まえ、公共職業訓練と求職者訓練に係る計画の一体的な策定の推進を図ること等により、都道府県や民間教育訓練機関との連携を更に強化し、効果的に公共職業訓練、求職者支援訓練を実施してまいります。また、地域の多種多様なニーズに対応した新たな人材育成プログラムの開発等の更なる支援等にも取り組んでまいります。…

筆者:職業能力開発局長 宮川 晃

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月4日第3047号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ