雇用安定・創造へ 基幹産業の役割で/金属労協議長 相原 康伸

2015.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

金属労協 議長
相原 康伸 氏

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年、金属労協は結成50周年の節目を迎えました。長年にわたる金属労協の運動に対するご理解・ご協力に心より感謝申し上げます。私たちは2015年を「次なる半世紀の第一歩」、そして「新たな発展・飛躍の年」と位置付け、金属労協加盟5産別が結集し、国内外の金属産業で働く仲間にとって、より一層価値ある存在となるべく、運動の前進に最大限努力します。

 さて、消費者物価上昇率2%を目標とした日銀による量的・質的金融緩和をきっかけに円安、…

筆者:金属労協議長 相原 康伸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月5日第2999号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ