良質な雇用で国内事業基盤を死守/金属労協議長 西原 浩一郎

2012.01.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

金属労協議長 西原 浩一郎 氏

 年頭に当たり謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 さて、わが国は昨年の東日本大震災により歴史的な国難に直面いたしました。大震災以降の働く者の献身的な努力と、国民の規律・連帯を原動力に、徐々に復旧・回復は進みつつありますが、本年は被災地における真の復興を確かなものとし、日本の経済・社会の再生に向け取り組みを強化すべき極めて重要な年となります。…

筆者:金属労協議長 西原 浩一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年1月2日第2855号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ