グローバルな枠組みで活動強化/金属労協 議長 西原 浩一郎

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 年頭にあたり謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 さて、昨年6月、金属労協が加盟するIMF=国際金属労連、そしてICEM=国際化学エネルギー鉱山一般労連、ITGLWF=国際繊維被服皮革労働組合同盟の組織統合により、世界140カ国5000万人組合員を擁するインダストリオール・グローバルユニオンが結成されました。

 背景には、グローバル経済の加速で、企業が国境と従来の産業セクターの壁を越える状況の下、途上国を中心に労働組合権への侵害が多発していることがあります。日本など先進国も含め、雇用の不安定化と社会的格差が拡がる中、…

筆者:金属労協 議長 西原 浩一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月7日第2903号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ