【超高齢社会の働き方・働かせ方】第11回 教育・研修のあり方 気付きを経て学びへ 管理者の向上も不可欠/糸賀 大

2018.03.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

作業書作成や教育役を

 今回は、高齢者を対象とした教育・研修について論を展開する。

 今さら高齢者に対して研修をしたって効果のほどは知れている、と思っている人も少なくないだろうが、企業全体の人的生産性の向上を考えると、一般的にこの層の生産性は低い。意図的にこの層の生産性向上を進めることは、大切なことである。

 高齢者層も成長意欲は持っているが、それが顕在化することは少ない。多くの高齢者は長く現在の仕事に従事し続けているため、「この仕事に関しては会社の中で自分が最もプロだ」と自認しているケースが多い。

 ただ、その仕事に関し、もっと生産性を向上させる余地はないのかを検証すると、まだまだ改善の余地がある。重要なことは高齢者自らがそのことに気付き、行動を変えようと思う環境を作ることではなかろうか。…

筆者:合資会社 社長支援室 代表 糸賀 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ