【超高齢社会の働き方・働かせ方】第21回 キャリア形成目標 他分野への挑戦を 現行職務深掘りと併せ/糸賀 大

2018.06.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

4要素から自己検証を

 前回みたように、退職後の生活を考えれば、一般論として70歳まで働くことは必然である。

 今後、生産年齢層の減少が一層進むなか、最低賃金レベルの給与に甘んじるならば、70歳まで雇用してもらえる可能性は高い。そういう環境に甘え、従来どおりの指示待ち態勢での仕事を続けるのか、あるいは一度しかない人生の残り少ない時間に対し、主体的に取り組む姿勢を取るのか――ベテラン層は選択を迫られている。

 今回は、キャリア形成目標の設定と題し、高齢者向けのそれを探ってみる。会社として上司として、彼らにアプローチする際のヒントにしてもらいたい。

(1)労働能力のチェック

 KASHの原則という言葉がある。…

筆者:合資会社 社長支援室 代表 糸賀 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月11日第3164号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ